子育てを楽しむためにTOP > 赤ちゃん > 粉ミルク

粉ミルクについて

 
粉ミルクの栄養分は、昔と比べ大幅に改良されています。ですから、母乳の出る量が足りなかった分を粉ミルクで代用しても、粉ミルクのみで育ても大きな問題では無いようです。
育児をするのに楽な方法はありません。粉ミルクで育児をしているから楽だとか、母乳だったら楽だなんて決めることは出来ませんし、どちらにも良い面も大変な面もあります。

粉ミルクで育てるケースの不便なところを挙げてみますと
・お金がかかる(一か月6,000〜10,000円程度)
・作るのに時間がかかる
・哺乳瓶の殺菌消毒など手間がかかる
・外出時にも荷物になる
などがあります。
また、昔から言われる問題点として、
・母乳と比較して消化が悪い
・母乳に含まれているとされる母親からの免疫力を享受できない
などがあげられます。年輩の方の中に粉ミルク育児に関して否定的な方がいらっしゃるのは、こういった辺りにも理由があるようです。

けれども、粉ミルク育児にも長所はたくさんあります。
最も良い点は、誰にでも授乳できることでしょう。ママの体調が優れない時にはパパが、夫婦二人で出かける必要があるときにはおばあちゃんがといったように、簡単にお母さんの代わりに赤ちゃんの空腹を満足させてあげることが出来ます。それに飲ませる量が分かりやすいので、一定の量を決まった時間に飲ませることができます。ですから、母乳育児よりも生活リズムが早くつきやすくなり、夜泣きする可能性が少なくなるわけです。また、外出先ではミルクを与える場所にそれほど悩まなくてもすみます。

母乳にしても、粉ミルクにしても、それぞれにメリット・デメリットがあります。先にも書きましたが、今は一昔前と違い、粉ミルクだから栄養が不足するというようなことは考えにくいでしょう。そのあたりの所が気になって、苦痛なのに母乳育児を続けている方がいらっしゃるるなら、今から粉ミルクに切り替えてもよさそうですよ。赤ちゃんのためにもママがストレスをためることは良くないことですから。
 

赤ちゃん記事一覧

離乳食

離乳食をいつからはじめるのか、新米ママさんの中には迷っている方もいらっしゃるかもしれません。人間の成長には個人差がありますので同じ時期に生まれた赤ちゃんが、もう離乳食を食べ始めたな...

母乳

母乳といえば赤ちゃんのお食事、必死になってお母さんのおっぱいを吸う姿は、生きることへの本能的な執着を感じてしまいます。ところで、母乳とはどんな風にできるのかご存知ですか?実...

粉ミルク

粉ミルクの栄養分は、昔と比べ大幅に改良されています。ですから、母乳の出る量が足りなかった分を粉ミルクで代用しても、粉ミルクのみで育ても大きな問題では無いようです。育児をするのに...

ベビーベッド

赤ちゃんが生まれたら必要なものは?と考えときに衣類の次に思い浮かぶのはベビーベッドかもしれません。ベビーベッドについて考えてみます。ベビーベッドの必要性は、一人目のお子さんと二...

おしゃぶり

おしゃぶりを使っているお子さんの姿をみかけることは、日本では少なくなってきました。昔のアニメの中には、おしゃぶりを口にくわえていることが、赤ちゃんの代名詞のように描かれていましたが...

赤ちゃんと風邪

赤ちゃんは、出生後しばらくは、ママからその免疫を受け継いでいるので、風邪はひきにくいものです。生後半年を過ぎた頃から、次第にママからもらった免疫が薄くなり、病気にかかりやすくなって...

赤ちゃんがなにか呑み込んだ時どうすればいい?

赤ちゃんの目に映るものは、ほとんどのものが初めて!だから何にでも興味津々。どんなものか確認したくて、何でも口に入れてしまいます。舐めるだけならまだしも、呑み込んでしまうこと...


経済