子育てを楽しむためにTOP > 赤ちゃん > ベビーベッド

ベビーベッドについて

 
赤ちゃんが生まれたら必要なものは?と考えときに衣類の次に思い浮かぶのはベビーベッドかもしれません。ベビーベッドについて考えてみます。
ベビーベッドの必要性は、一人目のお子さんと二人目以降のお子さんで違うものだと考えます。一人目のお子さんの場合は、ママが赤ちゃんの寝ている間に炊事や洗濯などの家事を済ませたいと思った時に、安心です。とくにハイハイをしだした頃には、赤ちゃんは目をさましても、ベビーベッドの中から一人で出ることはできませんので、泣いてママを呼んでくれます。一人でハイハイして危険な冒険に出ることはありません。
二人目以降の場合は、理由はそれだけではなくなります。赤ちゃんの回りには元気なお兄ちゃんやお姉ちゃんがいます。ヤンチヤ盛りて家の中で走り回ります。まだ一人では何もできない赤ちゃんの回りもお構いなしに。見ていて心配になってしまう時があるかもしれません。ベビーベッドはそんな心配から守ってくれるでしょう。

ところで、ベビーベッドの実際の使用状況をみてみると、その使用期間はとても短いものだと言えるでしょう。稀に二歳を過ぎても使い続けているケースもありますが、購入者のうち三分の一程度のご家庭では三ヶ月以内しか使用しなかったというデータもあるそうです。その理由として、赤ちゃんはママやパパが大好きで、いつもそばにいたいから、一人離れた場所にいるベビーベッドを嫌がるといったことが考えられます。三ヶ月という短い期間しか使わないとはなんとも、もったいない話ですよね。
最近では節約やエコの観点から、ベビーベッドを使用しない人やレンタルで済ませる人も増えているようです。
とはいえ、いつも添い寝していると、ママの身体に負担がかかってしまうこともあります。どうせ必要なら赤ちゃんのためにも、素材からこだわったものを選びたいですよね。最近のベビーベッドは、ヒノキでできていたり、赤ちゃんがなめても大丈夫なように塗装にこだわっているなどの製品がたくさん出ています。お値段のほうは、一万円未満〜五万円程までと様々です。多少高くなっても、収納ラックやチャイルドベッドに用途変えできるものを選べば、ベビーベッドの役目を終えた後も十分使用できるので、もったいなくありません。必要かどうか判断に迷っている方は、まずはレンタルでというのも良いでしょう。レンタル量は月に二千円以下のところもあります。

 

赤ちゃん記事一覧

離乳食

離乳食をいつからはじめるのか、新米ママさんの中には迷っている方もいらっしゃるかもしれません。人間の成長には個人差がありますので同じ時期に生まれた赤ちゃんが、もう離乳食を食べ始めたな...

母乳

母乳といえば赤ちゃんのお食事、必死になってお母さんのおっぱいを吸う姿は、生きることへの本能的な執着を感じてしまいます。ところで、母乳とはどんな風にできるのかご存知ですか?実...

粉ミルク

粉ミルクの栄養分は、昔と比べ大幅に改良されています。ですから、母乳の出る量が足りなかった分を粉ミルクで代用しても、粉ミルクのみで育ても大きな問題では無いようです。育児をするのに...

ベビーベッド

赤ちゃんが生まれたら必要なものは?と考えときに衣類の次に思い浮かぶのはベビーベッドかもしれません。ベビーベッドについて考えてみます。ベビーベッドの必要性は、一人目のお子さんと二...

おしゃぶり

おしゃぶりを使っているお子さんの姿をみかけることは、日本では少なくなってきました。昔のアニメの中には、おしゃぶりを口にくわえていることが、赤ちゃんの代名詞のように描かれていましたが...

赤ちゃんと風邪

赤ちゃんは、出生後しばらくは、ママからその免疫を受け継いでいるので、風邪はひきにくいものです。生後半年を過ぎた頃から、次第にママからもらった免疫が薄くなり、病気にかかりやすくなって...

赤ちゃんがなにか呑み込んだ時どうすればいい?

赤ちゃんの目に映るものは、ほとんどのものが初めて!だから何にでも興味津々。どんなものか確認したくて、何でも口に入れてしまいます。舐めるだけならまだしも、呑み込んでしまうこと...


経済