子育てを楽しむためにTOP > 赤ちゃん > おしゃぶり

おしゃぶりについて

 
おしゃぶりを使っているお子さんの姿をみかけることは、日本では少なくなってきました。昔のアニメの中には、おしゃぶりを口にくわえていることが、赤ちゃんの代名詞のように描かれていましたが、今ではアニメの中でも使われることが少なくなっています。

おしゃぶりが日本であまり使われなくなった原因は、おしゃぶりのデメリットのほうが過剰に取り上げられたためだと言えます。
・歯並びが悪くなる
・くせになる
たしかに、この二つの問題点のみがクローズアップされては、親としては赤ちゃんにおしゃぶりを与えようとは考えないでしょう。

けれども、おしゃぶりは、デメリットばかりではなくメリットもあります。アメリカでは、おしゃぶりのメリットの方が大きく取り上げられていますので、街中で、三、四歳頃になってもおしゃぶりを咥えている姿をみかけるそうです。そのメリットとは、
・指をしゃぶるよりも衛生的
・おしゃぶりをしている時は静かになる
・鼻で呼吸する習慣ができる
などがあげられます。

鼻呼吸に関しては、注目を集めていることもあり、気にとめておられる方も多いと思います。最近の子どもの中には鼻で呼吸することが下手な子供が増えていて、鼻呼吸が下手な子供は、そうでない子供と比較して、風邪をひきやすいと言われています。

他にも、2006年に米国立小児保健発育研究所が、おしゃぶりの効用を発表しています。その内容は、おしゃぶりを使用することで、付属パーツが、窒息を引き起こしやすいものが顔にかかっても密着を防いでくれ乳幼児突然死症候群のリスクを減らすというものです。

日本における、おしゃぶりの使用方としては、歯が生え始める頃、だいたい二歳半くらいまでに卒業することが望ましいとされています。個人により差がありますし、それ以降になって使っていても、気にする必要は無さそうです。他の楽しみ、例えばおしゃべりなどが活発になれば、おしゃぶりを手放す時期が来るでしょう。
 

赤ちゃん記事一覧

離乳食

離乳食をいつからはじめるのか、新米ママさんの中には迷っている方もいらっしゃるかもしれません。人間の成長には個人差がありますので同じ時期に生まれた赤ちゃんが、もう離乳食を食べ始めたな...

母乳

母乳といえば赤ちゃんのお食事、必死になってお母さんのおっぱいを吸う姿は、生きることへの本能的な執着を感じてしまいます。ところで、母乳とはどんな風にできるのかご存知ですか?実...

粉ミルク

粉ミルクの栄養分は、昔と比べ大幅に改良されています。ですから、母乳の出る量が足りなかった分を粉ミルクで代用しても、粉ミルクのみで育ても大きな問題では無いようです。育児をするのに...

ベビーベッド

赤ちゃんが生まれたら必要なものは?と考えときに衣類の次に思い浮かぶのはベビーベッドかもしれません。ベビーベッドについて考えてみます。ベビーベッドの必要性は、一人目のお子さんと二...

おしゃぶり

おしゃぶりを使っているお子さんの姿をみかけることは、日本では少なくなってきました。昔のアニメの中には、おしゃぶりを口にくわえていることが、赤ちゃんの代名詞のように描かれていましたが...

赤ちゃんと風邪

赤ちゃんは、出生後しばらくは、ママからその免疫を受け継いでいるので、風邪はひきにくいものです。生後半年を過ぎた頃から、次第にママからもらった免疫が薄くなり、病気にかかりやすくなって...

赤ちゃんがなにか呑み込んだ時どうすればいい?

赤ちゃんの目に映るものは、ほとんどのものが初めて!だから何にでも興味津々。どんなものか確認したくて、何でも口に入れてしまいます。舐めるだけならまだしも、呑み込んでしまうこと...


経済