子育てを楽しむためにTOP > しつけ > トイレトレーニング

トイレトレーニングについて

 
トイレトレーニングを始める時期は、一人で歩けるようになった頃というのが一般的に言われています。一歳過ぎたころから始めることが多いと思われます。
現代の医学では、膀胱の発達に個人差があることが判明しています。ですから、最近では、トイレトレーニングは焦って始める必要はないという考えが主流になっているようです。

実際にトイレトレーニングを始めてみると、上手にできないことが続いたりします。そうなると、親としてはどうしてもイライラしてしまいがち。でも、ちょっと待ってください。うまくトイレができないのは、子どもさんが悪いのではなくて、膀胱の発達少しだけ遅いのかもしれません。自分自身を責めたり、子供を叱ったりしないでください。

膀胱の発達は、おしっこの間隔で大体わかるそうです。二〜三時間おきにおしっこが出るようになれば、膀胱が発達してきたと考えられます。また、お子さん自身が、ぬれたおむつを触ったりして、気にしている様子がうかがえたら、トイレトレーニングを始める時期と思ってよさそうです。

育児をちゃんとしようと思っていれば、イライラも生じてしまいます。けれども、失敗は誰にでもあるもの、ましてや、まだ赤ちゃんなんですから、うまくできなくても少しも不思議ではありません。親が焦りすぎないように注意しておきたいですね。

トイレトレーニングとして、まず初めにすることは、子供の中にイメージを作ることです。絵本もたくさん出ていますし、DVDを利用するのも良いでしょう。ままごと遊びの中でもトイレのイメージを作ることができます。うまくトイレでおしっこができた時に、気持ち良かったとのイメージを与えることも大切なことです。
さて、イメージトレーニングの次は、トイレトレーニンググッズが役に立ちます。おまるは、昔からあるトイレトレーニンググッズです。実際のトイレにも慣れてきたら、ご飯の前とか、おやつの前など、時間を決めてトイレに行く習慣をつけましょう。

トイレトレーニングに関しては、子どもチャレンジなどの教材も出ていますので、気になる方はそのような教材を参考にしてみると良いでしょう。
 

しつけ記事一覧

トイレトレーニング

トイレトレーニングを始める時期は、一人で歩けるようになった頃というのが一般的に言われています。一歳過ぎたころから始めることが多いと思われます。現代の医学では、膀胱の発達に個人差...


経済