子育てを楽しむためにTOP > パパの子育て > 新米パパの育児

新米パパの育児について

 
生まれた!
ママのお腹から出てきたばかりの赤ちゃんを初めて見たとき、パパも感動します。長い間、会いたくても会えなかった我が子なんですから…。

ママと赤ちゃんが、そのあと、うちに帰ってくると、大抵の場合、パパは困惑してしまいます。どうやって赤ちゃんの世話をしたら良いのかわからない…。
けれども、ママだって初めは怖いし、上手く出来ないことだらけ、パパもやってみなくては、なにも始まらないんです
心配しなくても、パパも慣れれば、すぐに上手にできるようになります。

さて、新米パパは、赤ちゃんのために、いったいなにからしてあげれば良いのでしょうか?

赤ちゃんに慣れる為には、首も座っていないしつぶれそうで怖いけど、まずは抱っこから始めましょう

ママに抱かれているときは、泣かないのに、パパに代わったとたんに泣きじゃくるなんて事も少なくありません。
でも、パパだから駄目なのではなく、パパも赤ちゃんも、慣れていないから、怖がっているだけなのです。諦めないで、一杯、抱っこしてあげてください。そうしているうちに、赤ちゃん慣れてきて、泣かなくなります。
抱っこするのと同じように、パパも、繰り返していくうちにコツがわかってきます。


育児には、他にも、
おむつやミルク、お風呂など、パパができることは、いっぱいあります。けれども、そのどれもが結局は、慣れることで問題なくこなせるようになります
ゆっくり焦らずに、楽しみながら育児に参加しましょう。

どんな時でも、大切なのは、作業にばかり気を取られない事。
育児をしていく上で、最も大切なことは、コミニュケーションです
うまくミルクをあげる事に集中するより、飲んでる赤ちゃんの表情をみている方が、楽しいです。
赤ちゃんの表情の違いにも、そうやって慣れていくうちによくわかるようになってきます。

泣き方やしぐさで、赤ちゃんがして欲しい事が、少しずつ解るようになってきたら、心地よい幸せな気分になれます。

初めは下手でも、愛情があれば構いません。構え過ぎずに、まず、やってみることです。

弱々しく見える赤ちゃんですが、案外丈夫なので、怖がらなくても大丈夫です。
 

パパの育児記事一覧

新米パパの育児

生まれた!ママのお腹から出てきたばかりの赤ちゃんを初めて見たとき、パパも感動します。長い間、会いたくても会えなかった我が子なんですから…。ママと赤ちゃんが、そのあと、う...

父親の役割?

男女雇用平等法が施行されて以来、我が国では、女性の職場進出に拍車がかかりました。施行当時と比較して、お勤めをする母親の数が相当増えています。それは、家庭環境にも大きく影響を与えてい...


経済